01日 8月 2022
夏季特別保育開始!! 幼稚園(3歳以上児)で申し込みされている方、保育園児で8月は過ごしていきます。 (1・2歳の保育園児も) 2022年の大暑の時期は、7月23日~8月6日ぐらいまで。暑さがもっとも厳しくなる時期。...

29日 7月 2022
今日1学期の終業式を迎えました。 保育室では保育者と1学期を振り返り、 「楽しかったね」「またしたいね」と水遊びや夏祭り、 外遊びのことを友だちと言葉を交わしながら振り返っていました。 新しい環境のなかで戸惑いや不安な気持ちが強かった1学期のはじまり。 今では、安心や居心地感を十分に感じ、 「楽しい」「うれしい」気持ちが強くなってきました。...

14日 7月 2022
「なつまつり」から「ごっこあそびへ」 コロナ感染症の拡大で、町でも”おまつり”がひらくことができない。 先日、博多でも山笠が行われ、町が山笠一色になり、活気がみなぎっていました。 親から子へ、子から孫へ、文化の伝承。”真似る”から”学ぶ”へ。 保育室でも最近はおまつりごっこ遊びが見られなくなった。...

12日 7月 2022
夏祭りにむけての過程の中に、大切なものがいっぱい!! 「なつまつりで何をする?」 「どうする?」 「こんなのいいじゃない」 「こんなのもあるよ」 「どうする?」 「こうしてみよう」「でも、こうもいいじゃない」 夏祭りに向けて、興味や関心をゆっくりゆっくり仲間と共有していく。 自分の意見を伝えたり、相手の意見を聞いたり。...

12日 7月 2022
~豊かな感性と表現を支えるもの~ 感じること、考えること、イメージを広げることなどの経験を重ね、 感性と表現する力を養い、創造性を豊かにしていく。 それぞれの素材の特性を活かしながら、自分なりの表現を楽しんでいる。 四角いスポンジでは、四角に塗れたり広く塗れたり、 丸の素材では丸や太い線の模様に 自分で色や素材を選びながら、...

11日 7月 2022
水遊びの際中、 アクアプレーの栓が空き、 水が下から流れてくるのを発見! 「どっから水がでてのかな」 この「どうなっているのか」の気持ちが探求心につながっている。

11日 7月 2022
昨日、篠栗町の花火大会が2年ぶりに行われた。 子どもたちが花火を見上げ、ドキドキワクワクした様子が表現されていた。 夜空に浮かぶ花火に”心が動き”、 あの光景(音、光、色、大きさ、花火の匂い、周りの環境。)を思い出しながら、 ”表現したい””やってみたい”につながっていく。 色水遊びから色の不思議さや美しさに興味や関心が広がって、...

11日 7月 2022
”環境を通して、遊びを通して保育を行う” 「今日はこれをするよ~」 「こうして」「あ~して」「これで完成」 保育者が手順を並べ、それに沿って子どもが活動したり、製作したり。 子どもたちが学ぶことは少ない。 「なぜ…?」 ◎子どもたちの心は動いているんでしょうか。 ◎子どもたちはどう感じているんでしょうか。...

08日 7月 2022
「こんなに夢中になる」(1・2歳) 水の感触や感覚を楽しむ。 様々な容器に水を入れたり、出したり、移したり。 水量への興味や関心を深め、感覚が磨かれていく。 「どうなるんだろう」思考力の芽生え(2・3歳) 身近な環境に積極的に関わる中で、物の性質や仕組みなどを感じ取ったり、...

07日 7月 2022
なかなか水を浴びることが苦手な子も 色水遊びやしゃぼん玉遊び、泡遊びに夢中。 子どもたちの「真剣な顔」、遊びに夢中。 自分で色と色を混ぜてつくった色。 自分で直接体験するからこそ、自分の力や気づき、発見、学びになっていく。 何度も繰り返し、 ◎行為(入れたり、出したり、…)を楽しんだり...

さらに表示する

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。