”仕掛ける”

”環境を通して、遊びを通して保育を行う”

 

「今日はこれをするよ~」

「こうして」「あ~して」「これで完成」

保育者が手順を並べ、それに沿って子どもが活動したり、製作したり。

子どもたちが学ぶことは少ない。

「なぜ…?」

◎子どもたちの心は動いているんでしょうか。

◎子どもたちはどう感じているんでしょうか。

◎子どもたちの声が聞こえてくるんでしょうか。

学ぶのは、子どもたち(※保育者も)。

子どもたちを置き去りにしてはいけない。

だから、私たちは”環境を通して、遊びを通して保育を行う”

 

保育者が毎日毎日保育を見直し、自身の保育を振り返る。

保育者が”仕掛ける””働き掛ける”ことで、

子どもたちは”より”遊びが楽しくなったり、遊びが広がったり、

遊びになかなか入れない子の”きっかけ”になったり、…。

 

子どもたちに”させる”のではなく、

”やってみたい””してみたい””さわってみたい””しらべてみたい”

子どもたちが”楽しい”好奇心、興味や関心をもつ環境づくりを。

心が動けば、自ら子どもたちは、意欲をもち、学びに向かっていく。

子どもたちは、遊びや環境を通して、五感を使い、育んでいく。

保育者の主体性と子どもたちの主体性が、”よりよい”遊びや生活を創っていく。

 

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。