保育研修(福岡県人権同和協議会)

「自律と自尊を育む環境」

「一人一人の育ちを見つめ、自ら育とうとする子どもたちを支える環境」

「気づき、考えて、表現できる環境」

「『やってみたい、してみたい』と子どもたちが感じる環境」。

その基盤となるのは、安心感と居心地感。

子どもたちが安心して遊びや生活して過ごせるように、

まずは職員一人一人が「丁寧な保育」を心掛ける。

4月の研修では、「丁寧な保育とは?」職員と考える機会をもった。

保育室についても、NPO国際臨床保育研究所の勝山結夢先生の助言のもとに、

今年度は保育室を更地にし、子どもたちの遊びを主に、玩具や棚を整えた。

  

  生活と遊びを通して、子どもの育ちを支える

  生活と遊びを振り子のように、行ったり来たりしながら、

  子どもたちは心と体と頭を自分で育てていく

 

  乳児保育、幼児保育それぞれの課題に向けて走り出した。

  乳児保育では、「一人一人を大切にする保育を目指して」

  ➀居心地の良さ②いつも変わらない③一人一人がしっかり遊んでいる

  まずは3つの視点を再確認することができた。

  人的環境が創り出す安心感や居心地の良さが、次への子どもたちの興味・関心を広げ、

  様々な環境へ自ら働き掛けていく、主体的で対話的な深い学び(アクティブラーニング)

  へと進んでいく。

  幼児保育では、「サークルタイムを深める」をテーマに研修を行った。

  「言葉の大切さ」「自分なりに言葉で表現する大切さ」

  「言語処理能力には、個々に違いがある」

  「いかに子どもたちから会話を促すことができるか」

  (保育者が一方的に話すことではなく)

  応答的に「聴く」ことが大切であることを学んだ。

  普段自分が使っている言葉たちを無意識から意識のなかに、

  専門職のスキルが発揮される。

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。