もちつき(年長)

もちつき(年長)

今日、年長児がもちつきをしました。

園児を代表として、「みんなの分までもちをつく」「みんなの幸せが来るように」

「1・2・3…15」他のクラスの園児と声を掛け合いながら、杵を二人で交互につく。

「かっこいい年長さん」

1歳~4歳児は憧れの目線で見つめていました。

もち米から餅になることを知り、餅の匂いを嗅いだり、

餅を丸めることで感触を感じていました。

「なぜ、もちをつくのでしょうか。」

日本人にとってお米は神聖な食べものであり、

中でも米をついて固めるお餅には、特別な力が宿るとされ

神様へのお供えものとして用いられてきました。

お正月には歳神様をおむかえし、新しい魂をいただくことで

一年を無事に過ごせると考えられていました。

門松やしめ飾り、鏡餅などの飾りを用意して、

お正月の準備をするのは歳神様をお迎えするためです。

鏡餅は、魂が宿るとされる丸い鏡を模したお餅で、

そこには神様の魂が依りつくと言われていました。

お餅をいただくことで、新しい年を無事に過ごせると言われています。

「来年もみんなが健康で幸せでありますように。」

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。