作品展

「大きな虹が皆さんに広がりますように」

 

作品展では、日々の保育の中で子どもたちが興味・関心をもった不思議な世界(音、海、野菜、生き物)、絵本の世界、地球を自分らしく(友だちと力を合わせて)表現していました。感じたことや考えたこと、気づくこと、表現することが一人一人違うからこそ、面白い。同じだからこそ、共感やつながりが生まれる。

 

乳幼児の教育及び保育においては、園児が生活を通して身近なあらゆる環境からの刺激を受け止め、自分から興味をもって環境に主体的に関わりながら、様々な活動を展開し、充実感や満足感を味わう体験を重ねていくことが重視されています。

子どもたちは人や物、こと、周りの環境にはじめて出会い、日々心を動かしています。心を動かす出来事に触れ感性を働かせる中で、楽しんだり、表現する喜びを味わい、豊かな感性と表現が培われます。また、友だちや保育者にその感動を伝えたり、図鑑や絵本で調べたり、「なぜ」「どうして」を繰り返し、観察し、想像し、探求しています。主体的に自分で関わっているからこそ、学びや気づきが生まれます。日常の保育の中で、廃材を使って自分の作りたいものを創作したり、生活や遊びに必要なものを作ったり、年長児においては遊びの中で文字や数量や形をとりいれながら遊んでいます。本気で興味をもった子どもたちの集中力、観察力、探求力、問題解決力はすごい。遊びや環境を通して関わってきたこの経験の積み重ね、育ちの表しが、子どもたちの作品です。子どもたちの作品はこの世界でたった一つの作品です。

今後も子どもたちが興味・関心をもち、あそび(造形遊びや五感を通した遊びなど)や環境(地球や絵本、自然)を通して、子どもたちの育ちが培われ、「生きる力」が育むように見守り、援助していきます。

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。