季節の移り変わり~秋だな~

クラスにコオロギ🦗が遊びに来たり、

栗🌰を触ったり虫眼鏡で観察したりしました。

また、友達がどんぐりを持って来てくれて、

「どんぐりの種類は何かな?」と図鑑と見比べっこ。

朝晩が寒くなり、少しずつ秋らしい季節のものに興味を持ち始めた秋2組さんです。

友だち同士の関係の深まり、自然への関心、色や形・種類などの違いに気づいたり、生活の中に季節の移り変わりを感じています。

遊びや生活の中で、どんな遊びに、体験したことを生活の中に取り入れ、園生活を豊かなものにしていくか楽しみです。

 

知的興味や関心も高まり、身 近な環境に積極的に関わる中で、様々な物の特性を知り、それらとの関わり方や遊び方を体得し、思考力や認識力も高まっていく。 

 

幼児期の子どもは、大人から知識や技能を与えられて身に付けるのではなく、子ども自身が自分の欲求に基づきながら、主体的に周囲の環境と関わることが大切である。その資源となるのが遊びであり、遊びの中には、子どもが成長し発達する糧となる体験が数多く含まれている。

「学び」とは、小学校教育を先取りすることではなく、子どもたちの中に育んでいきたい「資質・能力」である。その資質・能力とは

①遊びや生活の中で、豊かな体験を通じて、何を感じたり何に気付いたり、何が分ったり、何ができるようになるのか。

②遊びや生活の中で、気付いたこと、できるようになったことなども使いながら、どう考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするか。

③心情、意欲、態度が育つ中で、いかによりよい生活を営むかの 3 点である。

周囲の環境に興味を持って積極的に働き掛け、見通しを持って粘り強く取り組み、自らの遊びを振り返って、期待を持ちながら、 次につなげることができているか、他者との関わりを深める中で、自分の思いや考えを表現し協力したりして自らの考えを広げ深めることができているか、直接的・具体的な体験の中で「見方・ 考え方」を働かせて対象と関わって心を動かし、幼児なりのやり方やペースで試行錯誤を繰り返し、生活を意味あるものとして捉えているかということである。

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。