時の記念日の話

時の記念日の話

 

6月10日は時の記念日。『日本書紀』の記述にちなんで1920年に制定されました。時間を大切にして、生活の改善と合理化を進めようという趣旨があります。

 

こどもたちが興味・関心をもてるように、先生たちがとけいのお話をしてくれました。時計にも、水時計、日時計、砂時計、デジタル時計、腕時計、年長さんが作っている砂時計と水時計を紹介してくれました。

「時間を大切にしようね。」

「時計の針はいくつあるでしょう。」「う~。2つかな」

最後は、時の記念日集会を振り返りながら、「時計のうた」を歌いました。

 

明日、明後日、昨日。子どもたちにはなかなか伝わりません。

時間の感覚は大人との会話の中、生活の中で培っていくもの。大人の姿を見本として、時間の大切さを学んでいっています。

忙しい時間を過ごす現代社会だからこそ、時間の大切さを考えていきたいですね。

時間が戻らないからこそ、乳幼児期の大切な時期に、「子どもにとって大切なことを考えていきたい」。そして、「今を大事に。」

 

 

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。