子ども主体の保育を目指して

4・5歳児

子どもたちと先生とともに育ち合う。先生からの一方通行ではなく、友だち同士、そして先生も輪になって、今日の予定やみんなの時間にすることなどをサークルタイムで話合う。「今友だちはどんな気持ちなんだろう」「今日みんなとこんなことがしたいな」自分の気持ちをみんなに伝えていく。人と人、つながることで新しいものが生まれていく。

 

「遊びの中で協力する大切さ」砂場では友だちとイメージを共有し、スコップで道を作り、雨どいに水を流し、川(?)になっていた。水をくむ人、道を作る人。役割分担しながら遊びを進めていく。次にどんな遊びになるのか楽しみですね。

 

これからの時代に必要な主体的な力。

 

「子どもの主体性」を大切にするためには、
安心感や安定感のもとに、子どもたちが興味や関心をもち、思わず、関わりたくなるような、心が動かされる、人やもの、事柄があり、さらに、興味や関心が深まり、意欲が引き出され、意味のある体験をすることができるための環境の下で、子どもたちの主体的な活動が生じる。

 

乳幼児期だからこそ、心が動かされる体験。遊びを通して学ぶ。自然を通して学ぶ。

「感じて、触って、発見して、考えて、深める」

 

〒811-2414
福岡県糟屋郡篠栗町大字和田910-468

お問合せ

TEL:092-947-7590まで

お電話ください。

電話受付時間 8:00~17:30

幼稚園カタログ

幼稚園パンフレット.pdf
PDFファイル 409.9 KB

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
上のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。